台湾人が不動産を買う場合の住所の記載方法についての注意点

台湾の正式な名称は、中華民国だという考え方があると思います。
しかし、日本は中華民国を正式な国名として認めていません。

台湾に住んでいる人が日本の不動産を買った場合には、”登記権利者”の住所として台湾での住所が登記されます。
その為、登記情報(登記事項証明書=登記簿)に記載される住所にも中華民国という表記を使う事は出来ません。

その場合には、”台湾台北市”と記載されます。
具体的な登記のされかたは、この資料を見て下さい。

台湾在住の人の登記簿の記載補法

台湾に在住の人が不動産を買った場合の登記簿の記載方法

error: Content is protected !!